闇金からの借金のお金を返せない

闇金からの借入れ

闇金の借金を抱えている人

私は、地元で小さな町工場を経営しています。

従業員は3人しかいないので、いわゆる零細企業です。

その従業員は、妻と妻の弟、そして私の甥にあたる親戚なので全て身内です。 だから、実質的には親族でやっている会社です。

業務内容は大手電機メーカーの試作基盤の作成です。 電化製品の商品開発段階の2層あるいは4層基盤の作成を請け負っています。

会社を立ち上げた頃は、その大手電機メーカーから割と良い受注価格で沢山の仕事を貰えていたのですが、 バブル崩壊後からはコスト的な要求が厳しくなり、徐々に採算が合わなくなりました。

親族と言っても従業員なので毎月固定費としてお給料を支払わなければなりません。 取引銀行は景気が悪くなると貸し渋る様になったため、借入を依頼してもお金を貸してくれなくなりました。

仕方がないので、街金という金融機関から社員のお給料代などを借りました。 借りた後に金利がとても高利だったので分かったのですが、私が利用した街金は、いわゆる闇金と言われる所でした。

私が利用したところは、借りてから2週間で元本に対して1割の貸付金利を支払うシステムでした。 高利だという事はわかっていたのですが、他から資金を借りる当てもなく貸してくれるだけ御の字だと借入した当初は思いました。

ですが、金利が高い為、徐々に借入残高が膨らんできました。 闇金からの催促の電話が掛かってきたり、しまいには闇金の人が会社までやってくるようになりました。

そうなると、なんとか借金を返さなくてはと言う事と、先の見通しが立たない不安で、次第に仕事も手に付かなくなりました。

任意整理で借金問題を解決

結局、自分だけでは解決不能と思ったので、弁護士に仲介役となってもらって任意整理をすることにしました。

その時の闇金に対する負債額は1千万円を超えていました。 違法に高い金利を法定金利の上限で計算し直した結果、借金の額は600万円ということがわかりました。

結局、先祖代々守ってきた土地の一部を売却することで闇金の借金の返済を行いました。 ご先祖様には申し訳ないですが、私の場合はまだ土地があったので良かったです。 まったく資産が無かったなら、間違いなく廃業をして破産処理をしていたと思います。

廃業をすると、身内ですが従業員に迷惑を掛けてしまう事になります。 今まで自分を信じて、一緒に頑張ってきた従業員の職場が無くなる事態は避けることができて良かったです。

ですが、会社の業務環境は厳しさを増しているので、これからが会社にとっての正念場なんだと痛感しています。 社員一丸となってこの難局を切り抜けたいと考えています。

▲ このページの上部へ