サイトマップ

当サイトの記事リスト

借りたお金の事で悩んでいる方は、当サイトの記事をお読みいただければ、必ず解決の糸口が掴むことができるはずです。

借金の原因は様々あるでしょうが、無事に債権問題を解決した後に、このお金の失敗を何度も繰り返さないという事が大事です。 仮に裁判所で自己破産が認められたとしたら、法律上、自己破産後の7年間は再度の自己破産による債務の免責は認められません。 これは、多額のお金を借入れして、そのお金を海外口座などに移して資産隠しをした後、自己破産をするなどの悪用を防ぐためです。 だから、すぐにお金を借りる癖のある人は、その癖を直して再び返済ができないほどの多額の借金をしてしまうという事が無いようにしなければなりません。

国は高齢で痴呆症などが原因で自分の財産の管理ができない人に、成年後見人制度を設けて成年後見人が判断能力の無い人に代わって財産の管理を行うことができるようにしています。 お金の借入れを繰り返す人は、自分の財産管理能力が無いので、成人被後見人と同じと考えて良いと思います。 どうしてもすぐにお金を借りてしまう人は、もし持っているのならクレジットカードやキャッシングカードは切り刻んで処分をしてしまいしょう。 また、給与振込口座は親などに管理をして貰って、毎月小遣いとしてお金を貰うようにした方が良いです。

自分がお金を管理する能力があるのか、それとも無いのかもよく考えた方が良いでしょう。

▲ このページの上部へ