借金癖がある人の特徴

もし、自分に借金癖があるなら、自分自身の生活習慣を見つめなおしてみる必要があります。 見栄の為だけに高級品を買ったりしてないか、家計簿を付けるなどしてお金の出入りをチェックする様にしましょう。

借金癖

借金とは、一言で言えば他人からお金を借りることです。

借金の返済ができずに夜逃げ、銀行やコンビニなどのお店への強盗、自分に生命保険を掛けての自殺など金銭にまつわる事件やトラブルはよくニュースなどで取り上げられます。

借金癖のある人と友達になる事は出来ません

基本的に借金癖のある方とは関わらない事です。

お金の借り貸しは人間関係を壊してしまう原因となります。 お金を請われて、あなたが情けを掛けてお金を貸したとしても戻ってくる可能性は低いです。

また、一度貸すとひっきりなしにお金の無心ををされる可能性さえあります。 もし、あなたに多額の資産があることをお金を請う人が知っていたとしたら、お金を貸さないと逆恨みされる可能性さえあります。

ですから、金銭トラブルに巻き込まれたくないなら、借金癖のある方には近寄らない事です。 借金癖のある方と友人関係になるというのは土台無理な話なので、周囲の人から頻繁にお金を借りている人とは距離を置く様にしましょう。

根本原因について考えよう

また、あなた自身に借金癖があるなら、その原因を考えて直す必要があります。

基本的に借金癖のある方は、浪費壁があり金銭感覚がおかしくなっていることが多いです。 普通の感覚の人からすると一万円は大金ですが、借金癖のある方は、一万円をまるで千円札の様に安易に使ってしまいます。

また、見栄を張るという傾向もみられます。 自己啓発をして自分磨きのための投資をすれば良いものを、借金癖のある方は努力をすることが嫌いなため、衣服やバッグなどの身に着けるものを高級品とすることで自分のステータスを高めようとします。

また、この様な方は、節約は貧乏くさいと言って一切やらないという特徴もあります。

借金癖のある方は、周囲から人が逃げて行ってしまうため親しい友人はいないはずです。

本当に人生を有意義に過ごすことができているのかをよく考えて、どうすれば借金癖を直すことができるかについて真剣に考えましょう。

▲ このページの上部へ