まとめローン(一本化)の利用

まとめローンは、低金利で借りることは難しいです。 もし低金利でまとめローン契約をすることができたなら借金一本化をする意義はおおいにあります。

まとめローン

まとめローンとは、複数の銀行や消費者金融からの借入れを1社のローンにまとめることです。

まとめローンを利用するメリットとは

まず、真っ先に挙げることができるメリットとは、借金の管理が楽になるという事です。

複数の貸金業者に借金があると、貸付金利、毎月の返済日が異なるため管理が大変です。

また、複数の貸金業者から借り入れがあると、借金の合計額の把握も難しくなります。 (全ての借入れ会社でインターネットでの借金残高確認ができればよいですが、そうでないと店頭やATMまで出向いて借金残高を確認しなければなりません。)

また、まとめローンを今まで借りていたローンより低金利のものとすることができれば、支払い利息を減らすこともできます。

借金の一本化は難しい面も

今まで述べてきたことを読まれた方は、「まとめローンは良いこと尽くしじゃないか」、「さっそく、借金を一本化してまとめローンを利用しよう」とお考えの事だと思います。

ですが、まとめローンの利用には難しい面もあるということを知っておいて下さい。 具体的には

  • 多くの貸金業者からお金を借りている多重債務者は与信が低いため、まとめローンの審査に通らない
  • 返済能力に関する信用が低いため低金利で借りることができない

と言う事です。

貸金業者は当然のことながら貸したお金を返してくれない様な方にはお金を貸しません。 そのため、継続的な安定収入があることがまとめローン利用の最低条件となります。

また、無担保、保証人不要で借りることができるまとめローンは貸付金利が高めとなっています。

まとめローンには不動産担保型と言うものもあります。 担保があれば一般的に貸付金利は低く設定されます。 そのため、土地や家屋などを担保にすることができる方は、まとめローンを利用する際は不動産担保型の利用を検討しましょう。

ただし、当然のことですが不動産担保型まとめローンの契約をして、万一返済が滞った場合には、担保とした土地や家は競売に掛けられて処分されるというリスクがあるという事を理解しておく必要があります。

この様に、複数の貸金業者から多額の借金をしている多重債務者が、「低金利のまとめローン」は利用するのはかなり難しいです。

ですが、最初から諦めるのではなく、まとめローンを扱っている金融機関の担当者に良い条件で利用できないかを相談をしてみると良いでしょう。

▲ このページの上部へ