自己破産とは

借金をゼロにすることができる自己破産ですが、必ずしも良い事ばかりではありません。 自己破産をする場合は、その内容をよく理解してからするようにしましょう。

裁判官

自己破産とは、借金の返済が困難になった場合に裁判所に申し立てを行い、借金を返済しなくてもいいように返済を免除してもらう債務整理です。

多重債務に陥ってしまい、今後も返済できる見込みがなく生活できないという場合などに自己破産の手続きをとる方が多いようです。

任意整理や民事再生、特定調停などの他の債務整理との決定的な違いは、借金が免除され、ゼロになるという点です。

借金が完全になくなるというのは大きなメリットですが、その反面デメリットも多いため、自己破産については慎重に検討する必要があります。

自己破産のメリット

①借金を帳消しにすることができる

最大のメリットは借金が帳消しになるという点でしょう。

他の債務整理の場合には借金が減額されるものの返済自体は続けていかなくてはならないのに対し、自己破産の場合にはまったくのゼロにすることができます。

②手続きが開始されると、債権者は強制執行ができなくなる

自己破産手続きに入ると、債権者は債務者の給料差し押さえなどの強制執行ができなくなります。

③借金返済の精神的な苦痛から解放される

返済ができなくなり、もう生活ができない…といった借金地獄から解放されます。

自己破産をすることで失うものも多くありますが、精神的苦痛から解放され、人生をやり直すきっかけにすることが可能です。

デメリット

①免責決定されない可能性がある

自己破産はどんな理由で借金をしたのかということが問われます。

浪費やギャンブルなどの場合には自己破産が認められません。

②必要最小限の財産以外はすべて失う

自己破産をすると、必要最小限の財産以外はすべて没収され、債権者に分配されます。

住宅や車なども手放さなくてはならなくなりますから、生活は一変するということを覚悟しておかなくてはなりません。 ただし、新しく生活を始めるための最低限の財産は残されます。

③官報に記載される

自己破産をしたということが官報に記載されます。

新しく職を探す場合などには大きなデメリットとなる可能性があります。

④信用情報機関に記録が残る

自己破産をしたという記録が残りますから、新たにクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができなくなります。

一定期間を過ぎると可能になる場合もありますが、その期間は自己破産のケースによって異なります。

⑤生活が制限される

裁判所の許可がないと居住地を離れることができなくなったり、郵便物などの内容を破産管財人に調査されたり…など、ある程度生活に制限がかかります。

自己破産は最終手段として考えよう

デメリットも大きい自己破産は、じっくりと慎重に検討しなくてはなりません。

破産後は生活も一変し、不自由なことも出てくるでしょう。 それでも借金返済地獄から抜け出すためには、自己破産をしなくてはならないという方もおられるのも事実です。

まずは任意整理や民事再生、特定調停などの債務整理ではだめなのかを弁護士等とよく相談し、それでも返済ができないという場合の最終手段として自己破産を検討するようにしたいものです。

▲ このページの上部へ