債務整理は専門家に依頼しよう

債務整理を行う場合は、まずは専門家に一度相談をすると良いです。 専門家ならあなたのケースにあった適切な解決方法を教えてくれるはずです。

法律の専門家

借金返済が苦しくなり、返済ができない…そんな時には、債務整理を検討してみましょう。

債務整理を行うことで、これ以上借金の返済に悩むこともなくなります。 では、その債務整理とは一体どのようにするとできるのか、みなさんはご存知でしょうか?

債務整理は誰にも頼らずに自分で手続きすることは可能か…この問いについては、もちろん可能といえば可能だという答えになります。

ですが、複雑な手続きがあったり、金融業者(債権者)との交渉を行ったりする必要がありますから、個人では難しいと言わざるを得ません。

法律の知識も必要となりますし、個人で交渉に当たるとなると有利な話し合いができない可能性も高いです。

円滑に、そして自分にできるだけ有利に債務整理を行おうと考えるなら、法律などに詳しい専門家に依頼することがベストだということが言えるでしょう。

専門家に依頼することのメリット

債務整理は、専門家…つまり弁護士や司法書士などに依頼することが望ましいです。

専門家に依頼するとどのようなメリットがあるのか、ここで少しご紹介します。

①どの債務整理の手続きがいいのか判断してくれる

借金を整理する債務整理には、任意整理と個人再生、そして特定調停と自己破産の4つの方法があります。

どの手続きが一番ベストなのかは、借金の額や返済状況などによって判断することになります。 専門家にきちんと相談すれば、一番有利となる方法で債務整理を行ってくれる点が大きなメリットだと言えるでしょう。

②スムーズに手続きを進めることができる

債務整理には申請書類を作成したり、財産を調査したりなど非常に多くの手続きが必要となります。

中には時間がかかったり、何度も足を運ぶ必要があるものもあります。 個人で債務整理を行うとなると膨大な労力が掛かるわけです。

その点、専門家に依頼すれば、すべての手続きを代わって行ってくれますからとてもスムーズに手続きが進められます。

③債権者(金融業者)とのやり取りを代わって行ってくれる

行政書士に依頼した場合は債務整理の書類作成が主な仕事となりますが、弁護士に依頼した場合には代理人として債権者とのやり取りも行ってくれます。

つまりどういうことかと言いますと、弁護士に債務整理を頼むと、債権者からの取り立てがストップする…ということになるんです。

今まで借金返済の催促に悩んでいた場合には、直接催促が来ることはなくなりますから、精神的にとても楽になるという点が大きなメリットとして挙げられます。

個人で債務整理をするとなると時間も労力もかかり、専門的な知識も必要となります。

一方、弁護士や行政書士等の専門家に依頼すれば、お金は掛かりますがメリットが大きいということがわかるでしょう。

借金返済に悩んで行き詰ってしまう前に、まずは専門家に相談してみることを強くお勧めします。 無料で相談に乗ってくれる場合もありますから、まずは相談してみる…これが解決への第一歩となるのです。

▲ このページの上部へ