リボ払いは使いすぎると借金地獄

リボ払いは借入額が多くても返済額が毎月一定額となるので、支払い負担が少なくて済む返済方法です。 良い面がある半面、返済が長期化し、なかなか完済できないという悪い面もあります。

クレジットカード

リボ払いはとても便利な返済方法ですが、実は最も借金地獄に陥る可能性が高い方法でもあります。

ここではリボ払いの危険性について述べていきます。

リボ払いとは

リボ払いとは正式には「リボルビング払い」と言い、フレックス払いと呼ばれたりすることもあります。

借金の返済方法の一つである分割払いが「返済回数を決めて返済する」スタイルなのに対して、リボ払いは「返済金額を決めて返済する」スタイルの返済方法なんです。

返済金額を自分で決めるため、無理のない金額で返済していくことが可能です。 多くの消費者金融では、このリボ払いが適用されています。

リボ払いの危険性

ではなぜリボ払いが危険なのか…?この点について少し例を挙げて見ていきましょう。

リボ払いの最も便利なところは「返済金額を決めることができる」という点です。 自分の返済しやすい金額に設定できるので、とても返済しやすいと感じますよね。

例えば月々2万円を返済していくスタイルをとっているとします。 このまま返済していけば何も問題はないのですが、新たにお金を借りた場合でも返済金額は変わらず月々2万円のままとなるわけです。

借りたお金が増えているのにも関わらず、返済する金額は2万円のまま…これは一見いいことのように感じますが、そうではないんです。

お金を借りれば借りただけ総額は増えていきますから、それだけ返済期間も長引いていきます。 さらに利息もその分だけ付いていきますから、リボ払いの使い過ぎで借金が増え、長期にわたって返済していくと余計に金利を支払っていくことになるわけです。

また、リボ払いですと自分がいくらお金を借りているのかを実感しにくいため、危機感を感じずにお金を借りてしまう…これが危険だと言われる部分でもあります。

ついつい返済金額は変わらないからと言ってお金を借りてしまうと、借金は膨大な金額に膨れ上がり、気づけば首が回らないほどの借金地獄に陥ってしまうことに繋がるのです。

利用時の注意点

リボ払いは上手に使えば返済のしやすい方法です。 計画をきちんと立てて、早めに返済を終わらせるようにしましょう。

返済の途中で新たにお金を借りる場合には、一度借りているお金の総額や残りの返済期間をチェックし、どのくらいで返済ができるのかを把握するように心掛けてください。 そしてリボ払いを使いすぎてしまい、金額が膨れ上がってしまわないようにしましょう。

借金地獄に陥ってしまう前に、弁護士や行政書士等の専門家に相談してみるもの一つの手です。 早めに対処することで必ず解決策が見つかるはずですから、借金返済にはいつも危機意識を持っておくようにすることをお勧めします。

▲ このページの上部へ