パチンコ・パチスロで借金地獄となった方の対処方法

パチンコやパチスロなどで借金ができた場合は、自己破産はできないと考えた方が良いです。 ここでは、ギャンブルで負けたことにより作ってしまった債務の対処方法について解説をしています。

パチスロ

パチンコ・パチスロが好きだという方も多いことでしょう。

熱くなり過ぎてしまい、ついついお金を借りてでも行ってしまう…そんな方は気付くと借金地獄に陥ってしまいます。

ここではパチンコ・パチスロで借金地獄になってしまった場合、どのように対処するべきかについてご紹介していきます。

パチンコ・パチスロで借金返済をしようとは考えないこと

借金があるけど、そのうちなんとか取り戻せるのではないか…という考えは非常に危険です。

パチンコやパチスロはあくまでも「お金に余裕がある時」にするように心掛けたいものです。 既に借入があるという方は、これ以上お金をつぎ込まないようにしないと、借金がさらに増えてしまう可能性が高いので、気を引き締める必要があります。

借入金の返済が難しく、自分ではこれ以上返済をしていけないとわかった段階で、専門家(弁護士や行政書士など)に相談することを強くお勧めします。

債務整理を検討しよう

パチンコやパチスロで作ってしまった借金であっても、債務整理は可能です。

債務整理には4種類あり、任意整理・民事再生・特定調停・自己破産の4つとなります。 このうち、基本的には自己破産以外の方法であれば、パチンコやスロットでの借金の債務整理が可能です。

任意整理の場合

任意整理とは、債権者(金融業者)と交渉して、借金の総額や利息などを減らし、返済できる金額にしてもらうことです。

任意整理後、残りの借金をきちんと返済していくことが条件となります。

民事再生の場合

裁判所に申し立てをして借金を100万円以下または借金総額の1/5にまでに減額してもらう方法です。

認められた場合には減額後の借金を3年を目途に完済することになります。

特定調停の場合

裁判所に申し立てをして借金の総額や利息などを減らし、返済可能な金額にしてもらう方法です。

特定調停の場合は個人での申し立てとなります(もちろん弁護士などをたてることも可能です)。

裁判所が間に立って借金を減らす手助けをしてくれる、いわば公的な任意整理だということもできます。 この場合も調停後は3年を目途に残りの借金を完済することになります。

上記に挙げた債務整理の方法は、どんな理由で借金をしたのかが問われないので、パチンコ・パチスロでの借金であっても手続きをすることが可能です。

ですが、自己破産の場合には免責が下りない…つまりパチンコ・パチスロなどのギャンブルでの借金については自己破産を認めてもらえない可能性があります。

とはいえ、絶対に認めてもらえないというわけでもないので、まずは専門家に相談してみましょう。 自分では手に負えなくなった借金は、一刻も早く専門家に相談し、自分にとって最もベストな債務整理は何なのかを判断してもらいましょう。

▲ このページの上部へ