任意整理とは

借金の返済意思がある場合は、任意整理を検討してみると良いでしょう。 また、債権者との話し合い時は、法律の専門家などの代理人を立てるとスムーズに交渉が進みやすくなります。

交渉をしている人

任意整理とは、その名の通り「任意」で借金の整理を行うことです。

裁判所などの公的な機関を通すことなく、話し合いで借金返済額や利息などの軽減をしてもらえるようにする、その代わりに減額後の借金はきちんと返済する…いわば債権者との和解交渉だと言えます。

借金の返済が苦しいけれど、まだなお返済しようという意思がある場合には任意整理がおススメの方法の一つとなります。

任意整理を検討している方は、まずは任意整理についてきちんと知ることが大切です。

任意整理の良い点

①返済額を減らすことができる

なんといっても最大のメリットは、返済額を減らせるという点でしょう。

現在の返済額では厳しいという方でも、返済額が減ったり、利息がカットされることになるならば返済できるようになるという方も多いはずです。

②裁判所に出頭する必要がない

他の債務整理と違って比較的手続きが簡単になっていて、裁判所などに出頭する必要がありません。

また、官報などに載ることもありませんから、他の人に任意整理を行ったと知られることもないので安心です。

③任意整理をする借金を選択できる

複数の借り入れを行っている場合には、任意整理をする借金を選択できるという点もメリットの一つです。

④過払い金が戻ってくることがある

長期間にわたって借入を行っていた場合には、過払い金が戻ってくる可能性があります。

利息制限法以上の高い金利で過去に支払いを行っていた場合、その払いすぎたお金をさかのぼって請求することができるという仕組みになっています。

⑤借金返済の催促がストップする

任意整理を開始すると、借金返済の催促がその時点でストップします。

今まで催促に悩んでいた方にとってはうれしいメリットだと言えるでしょう。

悪い点

①期待していたよりも借金の減額ができない場合もある

任意整理はあくまでも両者の話し合いでの解決を目指しているわけですから、当然思うように交渉が進まないこともあります。

また任意整理を行ったとしても、期待していた程借金が減額できなかったという場合もありえます。

②信用情報機関に情報が残ってしまう

いわゆるブラックリストに載る…というのもデメリットの一つです。

③任意整理後は一定の期間新たな借り入れができなくなる

新たにクレジットカードを作成したり、新たに借り入れをしたりすることが制限されます。

一般的には期間は5年~7年程度です。

④任意整理後は3年~5年の間に返済しなくてはならない

任意整理後は、その後の返済期間が決められます。

借金の額や金融業者(債権者)によって異なりますが、多くの場合は3年~5年の間に完済することが求められます。

▲ このページの上部へ